英語もほとんどわからない私たち夫婦の新婚旅行②(ブラジル、アルゼンチン、チリ)

旅行記

毎日更新15日目

前回の記事はこちら!!

新婚旅行1、2日目

・1日目、2日目

私たちは当日まで8割ほどの準備しかしていませんでしたが当日17時のフライトということで余裕をかましていました。

しかし、出発前に10泊13日という長旅なので再度荷物を確認していると、時間がギリギリになり、急いで家から車で成田空港へ向かいました。

なんとか、時間通りにつき、当分食べられない日本の食事(寿司)を食べました。

その後、出国手続きを済ませ、免税店やトイレ行ったり、優雅な時間を過ごしました。

が、、しかし、、、、、

 



なんと、ポケットWi-Fiを取りに行くのを忘れてしまったのです。

 

急いでインフォメーションへ行き、ポケットWi-Fiを忘れた旨を伝えたのですが、出国手続きを済ませていたため、よほどの理由がないと引き返せないと伝えられ、ネット環境がない中、どうすればいいのかと2人で途方に暮れました。

とりあえずネットが繋がっている状態で現地でのコミュニケーション用語(スペイン語)を調べたり、お金はかかりますがソフトバンクの海外用のネット通信データを買う方法など調べられることを調べました。

また、現地ホテルのWi-Fiなどあることを期待し、出発に備えました。

そして、日本発ロサンゼルス行の飛行機に乗り込み、

いざ、出発!!!

とはならず、一向に時間になっても出発しません。

トラブルが起きたみたいです。

そして、予定時刻から3時間後ようやく出発しました。

 

当初の乗り換え時間もギリギリなのに出発が遅れるなんて、向こうについてどうすればいいのか、乗り換えが間に合わなかったらどうしてくれるのか、、など、絶望的な状況から新婚旅行がスタートしました。

とりあえず到着するまでは

こんな感じの機内食食べたり

映画を見たり、寝たり、ながーいながーい18時間ほど機内で過ごしました。

到着する1時間前になったころ、予定時刻とそんなに変わらない到着時刻になっていることに気がつきました。

本当に安堵しました。

その後、無事に着陸し、乗り換えの合間に空港の外に出て、ロサンゼルスを感じ、乗り換えをしました。

ロサンゼルス発ブエノスアイレス行きに乗って8時間のフライトが始まります。

ここからは、日本語のアナウンスや日本人の乗務員もいないので海外に来たのだと感じるようになりました。

先程と同じように機内食を食べ、映画を見て寝るということをしているとあっという間にブエノスアイレスへ!!

ようやく行きたかった行きたかったアルゼンチン🇦🇷 に到着ー!



 

本当に新婚旅行のスタートです。

③は続く

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました