給料の6割を投資に回している20代社会人の先月(7月分)の総支出

固定費削減

 



ちゃむ
ちゃむ

今日は給料の6割を投資に回しているちゃむ家の一か月の支出について話していくね!

同世代の社会人の参考になると嬉しいちゃむ。

〇ちゃむ家の7月分の総支出 

・家賃(社宅)      37,500円 

・電気代(エルピオでんき) 2,014円 

・ガス代(エルピオガス)  3,227円 

・水道代          4,303円 

・携帯代(楽天モバイル)  1,600円 

・WiーFi代(NURO光)    6,657円 

・食費          22,723円 

・外食代(くら寿司2回)  5,986円 

・病院代            430円 

・交通費(ガソリン代含む) 5、535円 

・日用品          8,908円 

・雑費(子供用の雑貨)     547円 

           計 99,430円 

〇支出の詳細 

 先月の総支出は99,430円でした。先月は梅雨に備えて除湿器を買ったりしたため100,000円を超えていましたが、今月は世帯の総支出を100,000円を切ることができました。外食は3週間に1回、テイクアウトか外食をしていいと我が家では決めていますので、私も妻も大好きなくら寿司のテイクアウトを使いました。この日のために、少し面倒くさいときでも簡単に作れる料理を自炊するようにしています。  

たまには、こういう外食の使い方もいいですよね! (自己肯定してます)

 また、固定費の削減には力を入れていて電力会社も各社でシミュレーションを行って比較し、エルピオでんきにして、携帯会社はソフトバンクから楽天モバイルに変えて、約6,000円の節約になりました。固定費の削減で年間の支出を大幅に抑えることができるのでまずは、保険の見直しや携帯会社などの通信回線の見直しをすることをおすすめします。 

 



〇今後の固定費削減に向けて 

携帯代や水道光熱費などの固定費は会社を乗り換えるなどして最大限支出を抑えているのですが、Wi-Fiはキャッシュバックが絡んできていてなかなか乗り換えることができていません。契約時に他のWi-Fi会社との比較を行うべきでしたが、早く通信回線が欲しかったため、比較せず契約してしまいました。今は楽天ひかりなど安くて通信回線が早い会社も出てきているのでキャッシュバックを申請したら解約手数料はかかりますが乗り換えようと思っています。 

〇まとめ 

我が家では、妻とお財布を一緒にする前は家計管理をしていませんでしたが、一緒にしてからエクセルを使って見える家計管理をするようになりました。そのおかげで、今月は何にお金を使ってしまったか、ここの支出は減らせるなど夫婦で話し合うことができ、1円の無駄遣いもしなくなりました。 

そのおかげで給料の6割のお金を積立NISAや投資信託に回すことができ、放置するだけで運用利益が50万円ほど出ており、投資の総資産は400万円を超えることができました。 

先月の運用成績の記事はこちら!! 

今後も、堅実に家計管理をしていき、投資信託などのインデックス投資にコツコツ積み立てていき、30代になる前に総資産1,000万円越えを目指していきます。 



 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました